Sweet Kids

Sweet Kids

2012年2月3日金曜日

3ヶ国語



もう私の手の届く域ではございません

2ヶ国語でもヒーヒーしている私が

3ヶ国語なんて、次元が違いすぎる・・・
娘には尊敬するのみです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ココから長いから読みたい人だけど~ぞ!




フェイスブックにも書いたんだけど
最近、学校の2者面談があって
なんと愛音の中国語・算数はクラス1位。
それも1人ネイティブ中国人の子がいるのに。。。。
先生もかなり驚いているらしいです。
結構周りから「愛音に何しているの?」と聞かれる。

愛音は1歳半から
もう英語と日本語の単語を話していた。

以前にも話した事があるかもしれないが

愛音には胎教をものすご~~~~くしました 。
1冊の本を完読して、
かなり従順にその通りにしました。

話しかける事もそうだけど、
空は何色で、お母さんはどう思っているか?
葉っぱを触ってみて、どんな感触がするのか?
私が感じている事をすごくよく話した。
それもかなり細かく・・・・

周りから見たら、私、独り言が多くて、
一人で何かしている怪しい人に見られたと思う。

でもその成果は胎内にいた時からあって、
キックゲーム
(お腹を外と内からポンッとたたきあいっこするゲーム)
20回まで続いた。 結構正確だった。
「ココたたいて!」って言うと
的確にその場所を内からたたく。
右も左も上も下も、
色んなところにやっても確実に愛音はたたいていた。

「この日に生まれてきてね!」
って言う日に生まれてきた。

この胎教がかなり愛音の脳に刺激したのではないか?

胎教が絶対に頭をよくする
っていうのは、
専門家じゃないからココで追及できないし、
賛否両論があると思うんだけど
私が愛音に対して思いつく事はこれしかない。



笑われるかもしれないけど。。。。ね。
(みなさん!反論コメント無しね!)




残念なことに、
第1子目で熱心な胎教は終了しちゃいました。
2子目・3子目となると
私の時間が忙しすぎて、簡単すぎる胎教のみ。
愛音の様なレベルはできませんでした。